遺産・相続・遺言に関する相談窓口

MYパートナーズ法律事務所
Top
 平日10:00~         土日祝日・夜間も相談可能
ご相談のお問い合わせ 03-5615-2440
お気軽にお問い合わせください
弁護士紹介 事務所案内 費用明細 お問い合わせ その他ご相談
最良の解決策へ導く、安心と信頼のパートナー。


Q 
 同居していた母が亡くなりました。遺産分割の際、生活費等のめんどうを看ていた分請求できますか?



 兄弟間で遺産分割でもめています。どうしたらいいですか?





 
 
ご相談の方はこちら?

 <受付時間>
 平日10:00~19:00
 夜間・土日祝日もご相談可能

 予約制となりますので詳しく
 は事務所までお問い合わせく
 ださい。


 新着NEWS

 <相談料>
  初回相談
 
無料相談実施
 (2回目以降)
   5000円/30分毎

?03-5615-2440


メールでのお問い合わせは こちらから?



 

 
 自筆証書遺言

 遺言には、様々な種類があります。まず、ご自身が作成し、証人等の立ち会いの必要もない自筆証書遺言があります。

 この自筆証書遺言には、特に決まった用紙や書式はありません。

 ただし、自筆証書遺言を作成する場合、全文、日付及び氏名を自分の手書きで書き、印鑑を押すことが必要です。パソコンで作成したものや、代筆してもらった文面に署名捺印しただけのものは無効とされます。また、日付の記載や署名捺印がない場合も無効になります。

 また、一つの遺言書で複数の者が遺言をすると無効とされます。例えば、夫婦が一つの書面で連名の遺言をすることはできません。

 公正証書遺言 

 自筆証書遺言の場合、証人等もおらず、本当に本人が作成したかわからない、遺言を作成したときに十分な判断をする能力が本当にあったのかわからない等ともめることも少なくありません。

 こうしたトラブルを避けるためには、公正証書遺言を作成することをお勧めします。

公正証書遺言は、公証役場で、公証人に遺言書を作成してもらうものです。この方法は、証人2名の立会いが必要で、一定の費用もかかりますが、偽造や紛失の恐れがなく、公証人が立ち会っている上、証人もいますので、後にトラブルが生じるおそれが少なくなります。

なお、証人についてですが、推定相続人やその配偶者等は証人になることができません

証人がいない場合、遺言の作成を法律事務所に依頼すれば、事務所によるかもしれませんが、弁護士等が証人となり、公正証書遺言を作成することができます。

秘密証書遺言

  証人や公証人に遺言の内容が知られることに抵抗がある場合には、公証役場に封印した遺言書を持参して、一定の証明をしてもらう秘密証書遺言という方法もあります。この場合にも証人は必要となります。


   未然に争いを防ぐ    


遺言を残そう!





遺言の種類
●自筆証書遺言
●公正証書遺言
●秘密証書遺言


遺言の内容は どうしたらいいの?









遺留分に注意!




残された相続人 のためにできること



  相続が起きたら
 まず、相続が生じた場合、遺言書の存否を確認する必要があります。誰か遺言書のことを聞いていないか、遺言書を知人等に預けていないか、亡くなった方の部屋の引き出しや仏壇等にしまっていないか等を確認する必要があります。
 
  


遺言書がある場合
●手続 
●遺言無効を争う 
●遺留分減殺請求とは?


 遺言がない場合

●相続の対象になる
  財産とは?
●法定相続分

寄与分 特別受益とは?

●特別受益
●寄与分 

 
         


遺産分割の手続 その他の手続き
その他●登記手続    
      税金等(相続税)



遺産分割協議が 整わないときは?



財産がマイナスだった場合
相続放棄 限定承認とは?




 

What's New!

2010/05/20
更新
TOP | 弁護士紹介 | 事業所概要 | 料金案内 | お問い合せ |その他のご相談

MYパートナーズ法律事務所
〒116-0013東京都荒川区西日暮里5-33-2小宮ビル2階
TEL  03-5615-2440 FAX  03-5615-2441

Copyright(C) 2010 MYパートナーズ法律事務所 All Rights Reserved.